大人ニキビと思春期ニキビ

大人ニキビと思春期ニキビ

一口にニキビといっても、その種類には違いがあります。主に、10代前半のうちにできることが多いニキビと、20代以降に起こる大人のニキビでは、性質が違うということがあります。毛穴に汚れがたまり、アクネ菌などの雑菌が繁殖してしまうというでき方は同じですが、その原因に若干の違いがあるということがあります。

若い世代のニキビでは、特に成長ホルモンが活発になっているため、皮脂の分泌も盛んになっています。そのため落としきれない皮脂が毛穴に汚れとして溜まってしまい、その結果ニキビができるということになります。これは、しっかりとした洗顔をすることで発生をおさえるということが可能です。しかし、皮脂の分泌が盛んなぶん、洗顔だけですべての皮脂を落としきるというのは難しいことかもしれません。

一方、20代以降の大人になってから発生してしまうにニキビは、それとは性質の違うものなのです。そもそもの肌の代謝力が違いますから、毛穴に汚れが詰まることによって、炎症を起こしてしまうのです。これを予防するためには、しっかりと生活習慣を改善するということが必要になります。他にも、食生活などの見直しなど、根本的な治療が必要になるのです。

大人になってからのニキビは肌にとって大きな問題ですから、できるだけ発生させないよう、事前のケアを心がけましょう。普段から、健康的な生活に気をつけるというのはとても大切なことなのです。

サーカス