正しい洗顔の回数とは?

正しい洗顔の回数とは?

正しい洗顔を行うことが、正しいスキンケアに繋がります。一日にどれだけ洗顔をすればいいのかということを、しっかりと知っておく必要があるのです。基本的には、洗顔はあまり一日に何回も行わず、数度だけでよいといわれています。何度も洗顔を繰り返すと、洗顔料によって余計な皮脂まで洗い落とされてしまい、かえって皮脂の分泌が盛んになり毛穴の汚れの原因になるのです。また、冷水でなくぬるま湯で洗顔をするということも重要です。

暑い夏の時期では、特に汗が肌の表面に汚れとして溜まってしまうことも多いので、特に洗顔は気をつけて行うべきでしょう。しかし、このときでも冷水ではなく、ぬるま湯で行うようにしてください。そうすることで毛穴をしっかりと開き、奥の汚れまでを細やかに落としきることができるのです。冬場は逆に乾燥することが多いので、ローションなどで保湿に気をつけるようにしてください。

何回も洗顔をすることで汚れを落とすのではなく、一回の洗顔で完全に汚れを落としきるほうが、肌にとっては負担が少ないということになりますよね。洗顔をする際も、力を入れて肌をこするのではなく、マッサージをするように泡で洗うようにしましょう。そうすることで、肌の血行が促進され、代謝力も上がります。洗顔が終わったら、きれいなタオルで水気をふき取れば、洗顔は終了です。

サーカス