ニキビの種類ってどんなの?

ニキビの種類ってどんなの?

ニキビと一口にいっても、いくつかの種類に分けることができます。その進行度によって、ニキビの状態というのはかなり変わってくるからです。初期の状態では、皮脂が毛穴につまっている状態で、見た目には特に変化もなく、触っても違和感などがないことがほとんどです。ですから、この状態ではあまりニキビとは認識されていないようです。

そこから進行して、いわゆる「白ニキビ」の状態になると、アクネ菌などの雑菌が繁殖して炎症を起こすようになります。これが悪化していくと、毛穴が開いてしまい、メラニン色素によって黒くなってしまうようになります。これが、黒ニキビと呼ばれる状態です。

白ニキビが炎症を起こしてしまうと、赤ニキビという状態になります。白ニキビに何度も触ってしまったりすることによって、汚れが溜まり炎症を起こした結果です。この状態では、雑菌がかなり繁殖しているということになります。さらに悪化してしまうと、膿がニキビの表面に溜まってしまうという状態になります。これをさらに悪化させてしまうと、肌に跡が残ってしまうことにもなりかねません。

この炎症がひどくなってしまうと、洗顔を正しく行わなければニキビの改善は難しくなります。あまり状態が進行しているようでは、病院へ行って皮膚科の診察を受けることで、確実に治療できるといえるでしょう。

サーカス